過払い金請求は弁護士に依頼するのがおすすめ

最近ではテレビや雑誌や電車の中吊りなどで、過払い金請求に関する宣伝を多く見かけます。

それだけ多くの人が過払い金に興味・関心があることの表れでもあります。

様々な弁護士や法律事務所が請求手続きを行っているのですが、
それでは過払い金とは具体的にはどのようなお金のことを言うのでしょうか?

また、過払い金が存在する場合には、これを取り戻すためにはどうすればいいのかを説明します。

過払い金の無料相談サービスはこちら

目次

過払い金とは払い過ぎた利息のこと

過払い金はカードローンなどの借金を利用した際に、払い過ぎた利息のことになります。

日本では借金の金利は法律で制限され、その上限は利息制限法により15%~20%までとされていました。

ただし、以前の利息制限法には罰則規定がなかったため、消費者金融などの金融業者の多くでは、
出資法が定める上限の29.9%に近い金利の利息を請求していたのです。

この利息制限法の上限を超える分はグレーゾーン金利と呼ばれ、現在は判例により違法な利息であることが確定しています。

2010年の6月に利息制限法の罰則が強化されたことにより、グレーゾーン金利の請求は行われなくなりました。

そして、これまでに金融機関に返済したお金の中にグレーゾーン金利に基づく利息が含まれている場合には、
これを過払い金として取り戻すことができるのです。

過去の返済に過払い金が含まれている可能性

カードローンでは月々の支払い方法として、リボ払いが多く採用されています。

リボ払いは借金の総額に関わらず月々一定の金額を返済する方法であり、
月々の支払いの負担を軽減できるというメリットがあります。

一方で、支払ったお金の多くが利息の支払いに充てられるため、
借り入れの元本がなかなか減らず、返済が長期化してしまうことが多くなっています。

例えば、100万円を借り入れて長期で返済すると、利息を含めた返済総額は200万円~300万円程度になるようです。

この時に2010年6月以前に返済した分が含まれている場合には、
高額の過払い金が存在する可能性が高いと言えるでしょう。

以前の借り入れのことが気になって実際に計算してみたところ、
100万円を超える過払い金が存在することが判明して驚いたという事例もあります。

過去にカードローンを利用して多くの金額を返済した経験がある人は、過払い金の存在を確認してみてください。

過払い金請求は弁護士に任せるのが安心

現在はグレーゾーン金利は違法であることが確定しているため、
過払い金が存在する場合には請求をして取り戻すことが認められています。

ただし、最後の返済から10年が経過すると、時効により請求の権利そのものが消滅するため、
過払い金の存在が気になる場合にはできるだけ早めに確認することが必要です。

過払い金の存在を確認する際には、引き直し計算と呼ばれる特殊な計算を行います。

これまでの借り入れに対する利息の金額を利息制限法の上限額に基づいて再計算し、
実際に支払った金額との差額から過払い金を算出するのです。

引き直し計算や過払い金の請求手続きは、借り入れの利用者本人が自分で行うこともできます。

ただし、計算のためには根拠となる取引履歴の開示を金融業者に請求することが必要で、
さらに専門的な知識も必要になるので、素人では難しいと言えるでしょう。

請求の手続きは金融業者に対して直接行いますが、借り入れの本人が請求をしても交渉を先延ばしにされることや、
足元を見られて支払いを値切られることが多いようです。

なので、やはり過払い金請求は法律のプロである弁護士に任せるのが安心で確実ということになります。

取り戻した過払い金の中から弁護士報酬を支払う

過払い金請求を弁護士に依頼するメリットは、引き直し計算から請求や交渉などの全ての手続きを一括して任せられることです。

さらに、金融業者も弁護士が相手の場合には素直に要求を受け入れることが多いため、
有利な条件で解決する可能性が高くなります。

一方のデメリットとしては、費用として弁護士報酬の支払いが必要であることがあげられます。

過払い金請求の場合には、請求額の一定割合を報酬として支払うことが一般的であり、
例えば過払い金の額が100万円の場合には、弁護士報酬は20万円~30万円程度になります。

ただし、過払い金請求の場合には、実際に取り戻した金額の中から弁護士報酬を支払うことができます。

100万円の過払い金請求を依頼した場合には、弁護士報酬を差し引いた70万円~80万円が手元に戻って来ることになるのです。

さらに、弁護士報酬の分割払いに対応する弁護士も多くなっていますし、
法テラスなどの各種法的扶助サービスを利用する方法もあります。

法律事務所の多くでは過払い金に関する無料相談会を開催していますので、まずは弁護士への相談から始めてみてください。

最後のまとめ

過払い金とは、借金を返済した際に払い過ぎた利息のことです。

以前のカードローンでは、利息制限法の上限を超えるグレーゾーン金利による請求が行われており、
現在は判例によりこれが違法な利息であることが確定しています。

過払い金が存在する場合には請求により取り戻すことができますが、
最後の返済から10年が経過すると請求権そのものが消滅することになります。

そして、過払い金の計算や請求は自分で行うこともできますが、
やはり法律の専門家である弁護士に任せるのが安心だと言えるでしょう。

多くの法律事務所では無料の相談サービスを行っていますので、ぜひ利用を検討してみてください。

ヘルプナビ

ヘルプナビ
  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 全国対応かつ匿名で利用できるので、家族や会社にもバレない
  • 自分に最適な法律事務所や司法書士事務所を紹介してもらえる